・2001年
  ・2002年
  ・2003年
  ・2004年
  ・2005年
  ・2006年
 
 
 
 

■ONO art-wave■
 テーマを「水」として、作家2名を招聘し、アトリエで(清瀧の空き倉庫を借用)創作活動を行い、創作作品を、市内に設置した。

招聘作家
岩本 宇司 氏(現代美術) 8月-9月
湊谷 源邦 氏(ガラス造形)8月-9月

- 2002.4 -
アーティストの選定
13年度のアンケート結果を受け、ガラスのアーティストを招聘するが、他のジャンルのアーティストにガラスを素材として取り入れてもらう、ということも考えて選定する。

- 2002.7 -
プレイベント
ガラスという素材を知っていただくことと、アートウェーブの活動をより多くの市民に知ってもらうために企画。メンバーにも初めてガラスに触れる者も多く、その魅力に惹きつけられた。平成大野屋はいから茶屋では、「涼風そうめん」が一杯100円で売られ、ガラスの器に入ったそうめんに舌鼓をうった。
■日時:7月12日〜14日  場所:平蔵、平成大野屋
◆オープニングイベント - ガラスと炎の競演 -
プレイベントの会場となっている平蔵前に、ろうそくを立てたガラスの器を、アートウェーブのロゴマークの形に並べ通路にも設置。ろうそくの炎で、オープニングを演出した。
◆作品展:ガラス作家の展示 
 湊谷源邦(招聘作家)
 戸田智(山口県)
 山口真澄(富山県)
 市川孝一(滋賀県)
◆ワークショップ 
バーナー・ワークによるとんぼ玉作りやサンドブラスによるガラスのコップ作り。ガラス棒を溶かして綺麗なガラス玉を作るバーナー・ワークは特に人気があり、大勢の人が体験した。

- 2002.8 -
ウェルカムパーティー
■日時:8月12日  場所:アトリエ(倉庫)
◆アトリエ準備のために、機材の搬入や倉庫の掃除などメンバーは精力的に慣れない作業を繰り返す。創作活動に入ったが、どのようにサポートしていくか動きが分からないことも多かった。

- 2002.9 -
学校訪問

■日時:9月18日  場所:六呂師小学校(全校生徒)
■内容:岩本氏によることば遊びと絵具遊び
◆児童はことば遊びを通して、ものを壊したり新たなものを作る意外性の楽しさを知り、アクリル絵具を使った抽象絵画「デカルコマニー」では、意図しない作品ができあがる驚きを体感した。
■9月19日  場所:阪谷小学校(4年生〜6年生)
■内容:湊谷氏によるサンドブラスト体験
◆ガラスのコップに自由に模様をつけて、オリジナルのコップ作りを体験。体育館で児童たちは、寝っころがったり、あぐらをかいたりと、自由に創作を楽しんだ

- 2002.10 -
陶芸作陶展『さんずい展』ジョイント企画
■日時:10月6日  場所:平成大野屋中庭
■内容:制作作品展示
◆岩本氏、湊谷氏の制作作品を市内に設置する前に公開。その他、制作期間中の活動記録パネルを展示。『水』という共通テーマの中で陶芸展示イベント『さんずい展』とジョイントで開催。驚くばかりの人、人、人。
平成大野屋まつり参加
■日時:10月27日  場所:平成大野屋
■内容:バーナーワーク、サンドブラストの体験講座を実施。

- 2002.11 -
大阪天保山での作品展示

■日時:11月4日-17日
■内容:岩本氏の作品、グループ展に出展
◆岩本氏から大野から天保山までの作品搬送を依頼される。お礼として作品2点が寄贈される。搬入当日は雪の北陸道、大規模な玉突き事故が発生するなど大荒れの天候。途中、作品を載せたユニック車がパンクするなどのアクシデントも発生。

- 2002.12 -
■岩本氏作品設置  場所:下据地区 白山神社
◆雪が残る中、年内作品設置を目指して強行。除雪車などの重機を持ち出し除雪をしながらの作品設置となる。

 





Produce & Copyright by:ONO-Artwave